▲TOPに戻る

講師プロフィール



【Season.1】

1964年3月28日生まれ。
明治大学法学部大学在学中、塾講師などのアルバイトで授業料を稼ぐ傍ら、8ミリ映画の制作に 傾倒。数百本に及ぶ名作映画を鑑賞し、そのシーン構成・カット割りを研究。観る人がそのシー ンのどこに魅かれるのか、印象の創られ方を独学で学び、自らの作品制作に活かした。その努力 の甲斐もあり、大学4年のとき、制作・脚本・編集・監督を兼ねた自主映画『ゆうこへ』が、関 東学生映画連盟主催のイベント「シネック」(応募作品200本強)でベスト作品賞に選出、賞 賛を得る。さらには受賞をきっかけに大林宣彦作品の関係者と運命的な出会いを果たし、才能に お墨付きをもらったことで、フリーとして映画制作の道に進むことを決意。
以降、映像制作にかかわる知見と、相手を見据えた人心掌握のセンスを存分に発揮し、売れっ子 助監督として、「徳川無頼帳」(テレビ東京:千葉真一・西城秀樹 W主演)、「湘南女子寮物 語」(テレビ朝日:水谷豊主演)など、人気のテレビドラマや映画作品を中心に数々の現場をま わす。時に、フジテレビ特番の撮影で南米コスタリカに1ヶ月間同行したり、あるいは著名な米 国人監督によるアクション映画の撮影でフィリピン・マニラに長期滞在するなど、その助監督と しての活動領域は国内にとどまらなかった。

【 Season.2】

ただ、助監督として順調に活躍するも、自分がやりたいものは助監督ではなく、一時でも早く「監督になりた い」という痛烈な想いがいつも心の奥底に熱くたぎっていた。そんななか30歳の時、当時成長性の高かった ビデオビジネスと出会い、念願の監督デビュー。そこでは、映画業界での助監督経験を最大限活かし、 ドラマ性の高い作品を次々とリリース。パターン化された作品が多かった当時、新たな旋風を巻き起こす。 その後も、コンテンツやマーケティングの問題点を斬新な視点から解決する独自の企画手法により、数多の ブームの火付け役となる。

【 Season.3】

テレビ、映画、ビデオと、どの世界もとにかく人と接する仕事であり、男女とわず、普通の人の何十 倍もの人間を観察、その心理や行動を分析する機会に恵まれた。監督業引退後は、それら膨大な量のデータを その後の活動に活用すべく、アンソニー・ロビンズなど世界的に有名なコーチたちが実践している「神経言語 プログラミング」(NLP)などの脳科学、米国スタンフォード大学が取り上げ、グーグルの創設者ラリー・ ページらに影響を与えたマインドセット「デザイン思考」、かつて映画界に衝撃を与え、多くのハリウッドス ターたちが採用した表現技法「メソード演技」など、世の中に点在する各分野最高峰の人間科学と向き合い、 知見を広げた。
そしてそこから「人がその潜在能力を発揮し、あらゆる問題を解決しながら思うままの人生を楽しんでいく」 ために必要な4つチカラを鍛え上げ、それらを体質化していく一連のワークプログラム「ドラマチック・ライ フ・プログラム」を開発。2016年より、コミュニケーション能力開発スクール「Tスクール」を設立し、 活動をスタートした。すでに卒業生含め1600名以上の生徒を指導、現在に至る。